ローベルト・シューマン
2007年09月10日 (月) | 編集 |

ピアニストを志すも、本格的にレッスンを始めたのは20歳と出遅れたシューマン。


そんなシューマンが生涯をかけて恋したのが、女流ピアニストのクララ。


演奏家をあきらめ、作曲家として歩むシューマンにとって、「ぼくの曲を、ぼくの愛する人が弾いてくれる」、それは素敵なことだったろう。


でも、シューマンの生真面目な性格は、ふたりの仲に影となって現れる。


当時のシューマンは、売れない作曲家。


対してクララは、人気ピアニスト。


彼女の演奏旅行に同伴した際には、「ご主人も音楽関係の方ですか?」と言われる始末。


生真面目なシューマンには、つらい現実だったろう。


それに当時は、大交響曲をものにしてこそ一流と信じられた時代(クララの考えも例外ではなかった)。


小品を中心とするシューマンは、自分の技量に対するコンプレックスもあった。


最期は、精神のバランスを崩し、自殺未遂のすえ病院でひとり静かに息をひきとる。46歳だった。


クララの愛を信じきれずに、でも心は彼女への変わらぬ愛を抱いて。


 


【ローベルト・シューマン】1810.6.8~1856.7.29


ピアニストを志すも、本格的にレッスンを始めたのが遅く、無理な練習で指を痛め断念。
その後は作曲に専念し、「トロイメライ」などのピアノ曲や、歌曲などロマン派的な音楽を多く残す。
私生活では、人気女流ピアニスト、クララ・ヴィークと結婚。8人の子供をもうけるも、精神を病み46歳で他界。


~月刊Piano 2006年9月号より~


 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック