ブルグミュラー?
2007年06月07日 (木) | 編集 |

ブルグミュラーというと、子供たち向けのピアノの曲集の事だと
思っている人が多いようですが、実は音楽家の名前なんです♪
外国の大きな音楽事典などには、ブルグミュラーという人が
何人か出ています。
なんと!ブルグミュラー家は、ドイツの音楽一家だったんです♪


そのブルグミュラー家の中で、子供向けのやさしいピアノ曲をたくさん
作曲したのは、ヨーハン・フリートリヒ・フランツ・ブルグミュラーという長い名前の人です。
そして、そのやさしいピアノ曲を集めた曲集が、一般に《ブルグミュラー》と呼ばれて
親しまれているんです。


ブルグミュラーのお父さん、ヨーハン・アウグスト・フランツ・ブルグミュラー(1766~1824)は
牧師の息子でしたが、音楽を志し、やがて指揮者になった人です。
そして、おそらく1806年頃から、デュッセルドルフに住むようになり、
それ以後は、デュッセルドルフで活躍を続け、そこに音楽協会を設立したり、
低ライン地方音楽祭を開くようにしました。この音楽祭は、現在に至るまで毎年
開かれているそうです。
豊かな知識と高い教養を身につけていて、土地の人たちから尊敬されていたようです。
そして、2人の息子が音楽家になっています。その2人のうち、兄のほうが
《ブルグミュラー》という曲集でおなじみの人です。


ヨーハン・フリートリヒ・フランツ・ブルグミュラー(1806~1874)は、
レーゲンスブルクで生まれていて、おそらくお父さんからピアノのレッスンを受けたのでしょう♪
青年時代のことは、あまり詳しく知られていないようです。


1832年、26歳のときにパリに移り、ピアノの先生として、人気を得たほかに、
ピアノの小品を書いて、パリの人たちから歓迎されたようです。


そして、1874年に惜しまれながら、68歳になる生涯を閉じたのでした。


ブルグミュラーの書いたピアノの小品は、なんと!600曲以上にも及んでいるそうです。
子供たちが演奏している《ブルグミュラー》は、そのうちのごくわずかだということになります!


驚きですね!!



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック